「ミストオール」説明書




冷凍式を越えたエアドライヤ。
事実上のノーメンテナンスで18年以上も
低露点を維持しているのは
「ミストオール」だけ。

ノンフロン、ノンフイルタ、ノンアシストエアで
発売以来18年間もエア機器にとって最も理想的な
低露点エア(最高大気圧露点-30℃)を供給し続けています。
またシリカゲルや中空糸膜でもとれない水分や不純物をも除去しています。




水湿分除去率比較表
  • エア機器には長期に安定した乾燥空気が必要
    配管中の水分を除去するだけでは露点は下がりません。露点を下げるには、湿分を凝縮化しなければなりません。20〜30%の凝縮化の差は、エア機器の性能に大きな影響を与えます。また乾燥し過ぎるとエア機器の寿命が極端に短くなる場合があります。





5年間にかかるイニシャルコスト+ランニングコスト
  • 除湿機器のメンテナンスにかかる表面上表われない膨大なコスト
    内部々品の取り替えやメンテナンス、差圧計の管理には目に見えない大きなコストが発生します。例えば100箇所の機器の管理には、少なくとも1人分以上の人件費が必要になります。メンテナンスが全く不要の「ミストオール」は大幅な省コストを実現します。





性能劣化比較表
  • 高度で精密になるほど大きな性能劣化
    除湿機器の最大の問題点は性能劣化。 大気の汚染と高温の油分による複合的な性能劣化は想像以上に速く進みます。除湿機器の性能は、決して初期の性能だけでは判断できません。今除湿器は、数年間の安定した性能が要求されています。




総合的性能比較表
  • 除湿機器に求められる総合的性能
    短期間だけの除湿性能を維持するのなら化学的吸着剤や中空糸膜がベストです。 しかし、いま生産技術の高度化・自動化が進む中で、除湿機器にもより高付加価値的な性能が要求されてきています。





「ミストオール」の特長
  • 「ミストオール」は、最高で大気圧露点−30℃の性能を発揮するコンバクトなエアドライヤです。
    他の熱媒体を使用せず大気圧雲点最高-30℃の性能は画期的。また配管中の飽和水を100%除去いたします。

  • 取り替え部分がなく、メンテナンス不要
    一般的に、除湿機器やミクロンフィルタは、高度になればなるほど性能劣化や故障が急速に起きていますが 「ミストオール」 は目づまりや浸食を起こすところがありませんので、長期間性能劣化や故障は起きません。また、取り替え部品や可動部がありませんので一切メンテナンスは不要です。

  • 油分や不純物の除去率が優れています
    0.3〜0.5ppmw/w(コンスタント)までのエアロゾル状の油分、タールを、0.1μmまでの固形物を除去し、取り替え部品不要のノーメンテナンス。ミクロンフィルタの分野でも画期的な製品です。油分、タールがうまくとれない個所にご使用下さい。


  • 初期の圧力損失の増加はありません
    油分、タール、カ一ボンが、こし器や壁面に付着して目づまりを起こすと急速に圧力損失が大きくなりますが、「ミストオール」は構造的にこうした心配がありませんので安心してご使用いただけます。「ミストオール」の圧力損失は、定格処理流以下では0.01〜0.03MPaです。

  • エアシリンダーにとって最適露点のエア
    エアシリンダーの寿命に最も関係しているのがエアの露点。エアは乾燥し過ぎても夏場に湿り過ぎても故障率が高くなります。エアシリンダーや電磁弁の必要露点は、エアシリンダー本体とエアの湿度で決まります。 「ミストオール」 は、エアシリンダーや電磁弁にとって最適露点のエアを造り出しています


主な目的

  • 冷凍式エアドライヤの後の低露点化に
  • 冷凍式エアドライヤの代替に
  • シリカゲル等の化学的吸着剤、中空糸膜の保全に
  •  
  • ミストセパレータ、ミクロンフイルタ、マイクロエレッサの代替に
  • 除水器、水取器の性能向上に
  • 不純物が詰まり易いところに


  • ナカムラ工業株式会社
      神戸市中央区海岸通5番地 商船三井ビル 〒650-0024
    TEL(078)322-1121  / FAX(078)322-2015
    eMail. mail@mist-all.com

    Copyright(C)2009 NAKAMURA KOGYO CO., LTD. All Rights Reserved.